マンションを貸したいと思います。

夫々の利害得失を紙に書き比較

新築のマンションを購入し5年目になります | 夫々の利害得失を紙に書き比較 | 賃貸契約を締結しました

その間嫁と話し合い、転勤拒否のケース、自宅をを売却するケース、自宅を賃貸に出すケースの夫々の利害得失を紙に書き比較しました。
転勤拒否のケースは最悪解雇の恐れもあり、今までの私の会社での実績がゼロになり、新しい勤め先を探す必要が有ります。
自宅を売却するケースは購入価格よりかなり下回った金額になりそうで有り、ローンの返済等を考えて慎重に検討する必要が有ります。
自宅の賃貸はまだ新しい建物を自分達がローンを払いながら他人が住むと言う事態に成り前向きに検討できませんでした。
ところが数日後嫁が彼女の友達で転勤族の主人を持つ女性に電話をし相談したところ、賃貸に前向きな意見を入手したのでした。
その間私もインターネットを利用し自宅を賃貸に出した場合の問題点を調査しました。
不動産会社によっては賃貸中のマンションを有償ですが私たちに代わりお世話してくれるサービスがある事も分かって来ました。
私も嫁も自宅を貸したい気持ちに傾き始めました。